Kiyoshigaoka Dental Clinic 松戸市 北小金駅徒歩3分の歯医者

きよしヶ丘歯科診療所

アレルギーについて

治療中

からだにとって正しい選択
―お口の中に使う材料について、考えてみませんか?―

そのアレルギー、歯科材料が原因かもしれません

いわゆる「銀歯」といわれる保険診療での詰め物・被せものは、日本人20代~70代の7割以上が保有しているといわれています。金属を使用することの最大のデメリットは、アレルギーを引き起こす可能性があるということです。
保険で使用が認められている金銀パラジウム合金ニッケルクロム合金アマルガム銀合金は唾液によってイオン化し、そのまま体内に蓄積し、虫歯や歯周病のリスクを高め、また金属アレルギーを引き起こす可能性があると言われています。特にアマルガムは主成分が水銀でできています。歯科医向けの説明書には「素手で触らないようにすること」と記載されるほど危険なものです。

今ではアマルガムは使用されなくなりましたが、過去に治療を受けられた方のお口の中にはまだ残っていることもあります。

これらの合金は、欧米をはじめとした先進諸国ではほとんど使用されていません。またアマルガムについては、ドイツやスウェーデンでは妊婦や子供への使用が禁止されています。

《金属の詰め物・被せ物が引き起こすアレルギーや症状》

・アトピー性皮膚炎
・掌蹠膿疱
・蕁麻疹
・口内炎
・口唇炎
・舌炎
・知覚異常
・味覚異常
・尋常性乾癬
・接触性皮膚炎
・うつ病
・頭痛
・喘息
・関節の痛み など

アレルギー

このような症状が出ていない場合でも、お口の中に金属がある限り常に金属イオンは溶出し、確実に体内に蓄積されていきます。歯科材料によるアレルギーは必ずしもお口の中に症状が出るとは限らないため、患者様ご自身がこうしたことが原因によりアレルギーと気づかれていない場合も多くあります。

アレルギーが詰め物・被せ物によるものか不明な場合は、一度当院へご相談ください。

投稿日:

Copyright© きよしヶ丘歯科診療所 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.